【封印映像14 猫塚の呪い】

スポンサーリンク

【封印映像14 猫塚の呪い】

封印映像 14 [DVD]

投稿系ホラー【封印映像】シリーズも14作目。かなり作品の質にバラつきがありますが、ちょっと持ち直してきた気がします。

初期に比べればまだまだですが、なかなかいい感じになってきました。

ただ、最近こっそりと

いい話っぽい話を混ぜようとしてないか

と感じる話があるのが気にかかります。

『首』

お蔵入りになってしまった番組映像。突如女性レポーターを映した映像にノイズが走り、

嘔吐してしまう。その撮影場所はいわくつきの場所だった…。

山中のロケ中に道に迷ったスタッフたちが開けた場所に出ると、そこは奇妙な廃墟群。何かの力が働いているのか、ADが無能なのかわかりませんが、ひたすら迷ってます。

驚くのが廃墟に遭遇したからと言って、中に入ろうという流れになるわけでなく、結局別ルートで降りようという流れになるという斬新な展開。

もっとも、撮ろうとしていた企画がそういうホラー系の作品ではないので、当たり前なんですが。

間違ったルートを通ってる間に鳥居らしきものが映り込むんですが、特にその時点では誰も気にしません。

結局、別ルートで降りたスタッフたちは、翌日ロケを再開しますが、機材の不調なのか、レポーターの首から上が消えたり、乱れた始めます。

最終的にはレポーターが吐いて、ロケ終了。観ていた時は得体の知れない色の何かを吐き出したので、映画【エクソシスト】を想像しましたが、まさかのただのゲロらしい。なら、せめてモザイクかけろよと。

後日、レポーターはバイク事故に遭って、首から下が動かなくなってしまったそうです。こういう場合、消えた方が動かなくなるのが定番ですが、こんなところも斬新です。

解説によると、間違って行った場所は酒呑童子の首を埋めた塚があると言われている場所なんだとか。

地方ロケとかなら実際にありそうなネタでした。

『落書き』

リフォーム業者が床下工事の作業工程を撮影した映像の中に映し出された壁一面の落書き。

その後の調査により恐ろしい事実が浮かびあがる―。

この巻の中では個人的にシチュエーションが一番怖いと思った話。

変な物音がするので老朽化か何かを疑って、リフォーム業者に依頼。業者が床下に入って撮影をしていると、変な落書きを発見。

人間が閉じ込められて、空腹を訴えているような内容の落書きがあちこちにあり、誰かが床下に閉じ込められていたことが推測出来ます。

気味が悪くなった業者が戻ろうとすると、立てかけておいた畳が倒れ、出入り口を塞ぎます。しかも、どんなに押してもびくともせず、依頼人に持ち上げるように言っても、まるで釘でも打ったかのように動きません。

切羽詰っているせいもあり、業者はかなりの悪態をつきますが、諦めて会社に連絡して助け出されたそう。仲間が来るまで床下にいるのは溜まりませんが、特にそれ以上の何かはなかったようです。

ただ、映像では床下に立っている子供の足が映っているんですが、床下なので、とても立てるような高さはありません。

ぶっちゃけ、実は依頼人が子供を床に閉じ込めて殺した事があり、気づかれたと思い、業者を手にかけようとした話と思っていたので、案外あっさりしているように感じました。

こういう虐待とかの閉じ込められ系は、落書きがビッシリとか、爪の痕とかがたくさんあるとかだと本当に怖いんですが、その辺りもあっさりしてました。

『壊れた家族』

高校生のバスケットボールの試合を撮影した映像。試合に出ていた投稿者は大人になってこの映像を見返していると、奇妙なものが映っていることに気づく。

もしかして、いい話系の話を各巻に1話入れていこうという考えなのかと思った話。

投稿者が高校生時代に撮った映像なんですが、コートに謎の女性が映っているというもの。

女性はどうやら対戦相手の選手の母親らしく、試合中に事故で死んだので見にきたのではということでした。

いまいちタイトルが内容を現わしてる感がしません。

『騒音被害』

中古カメラに残されたSDカードに記録された映像。騒音被害を訴える男性が発狂して失踪。

場所をつきとめたスタッフがそのマンションに赴くと…。

中古カメラに騒音被害を訴えるための映像が3ヶ月分入っていたんですが、騒音はまるで入っておらず、被写体となっている男性がひとりでキレているだけというもの。

実は両隣の部屋は空き室で、騒音なんかするはずもなかったらしい。しかし、明らかに男性には何かが聞こえている様子。

映像を最後まで見ると、騒音の正体は隣の部屋からの音ではなく、霊が耳元で囁いていたというオチ。

実際には音声が入っているのですが、人間が聞き取れる周波数ではないそうです。

暗視カメラの映像って地味に気味悪いですよね。

『猫塚の呪い』

忘年会の後、友人宅に集まった3人。酔った3人はつまみを作ろうと料理を始めるが、突如1人が発狂し、気づくと床一面が血の海に―!一体何が起きたのか!?

友人宅でつまみを作ろうとしていると、飼っていないはずの猫の鳴き声が。

別室にいた投稿者が声をかけても返事がなく、不審に思った投稿者が扉を開けると、友人のひとりがもうひとりの首を包丁で刺しているという状況。

慌てて倒れている友人に駆け寄り、刺した方の友人に救急車を呼ぶように叫びますが、友人は獣のように四つ足で部屋を飛び出します。

結局、飛び出した友人は車にはねられて死んでしまうんですが、実は友人宅へ向かう途中、立ち小便をしていて、そこが猫塚だったという話。

これも映像的には怖くないですが、昔はこういう話を聞きましたね。そういう目に触れる機会はそうそうないですが、ありえるという怖さ。

オススメ度

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(投稿動画系ホラーとしては面白いですが、映画としては期待しないでください。)


封印映像 14 [DVD]

コメント

  1. ハレルヤ より:

    投稿動画系ホラー、怖いもの結構ありますね~。映画は作った感バリバリですが、投稿動画にはリアルさを感じるので私は好きです(^^)

    • enta_mattari より:

      投稿系は短いのをまとめるだけで作れますからね。
      長いシリーズだと50本超えてますし。

  2. ちぶ~ より:

    こういうのって見ちゃいますよね。無料動画配信サイトとかであったりすると暇つぶしにみますwたま~に面白いのがあるので見逃せません。猫って崇拝されたり不気味がられたりする生き物ですよね。確かにありそうな話です。夜中に猫をみると怖くなる時あります。わたし、猫好きなんですけどねw

    • enta_mattari より:

      基本的に動画配信サイトではアニメくらいしか見ないんですよね。そのアニメも面白ければ、後でレンタルするし。
      映画やアニメではないですが、提供側にいたことがある身としては、動画サイトでしか見ないと続編作る気なくなるのわかってしまうので。
      猫は発情期の夜中に赤ん坊みたいな声で鳴くのだけはやめて欲しいですね。猫自体は好きですけど。

タイトルとURLをコピーしました